a judge in a Photo Exhibiton フォトコンテスト審査員

Yoshiko Sato was asked to be a judge in a Photo Exhibition which will be held in 2019. 

某国よりフォトコンテストの、審査員を依頼されています。実際の審査は、ずっと先ですが…。

 それ以前に、関係者には著作権についての認識を深めて頂ければなりませんので、ミーティングを重ねています。著作権法は加盟国共通とはいうものの、国ごとに若干の違いがあります。

 自分自身が著作権侵害の被害者になったことがあり、その際には膨大な時間を費やしました。一般的に、著作権意識が希薄なのは問題です。以前に弁理士の方から、写真に記載されているクレジットを取り除いて勝手に使用した場合は、「窃盗罪」とお聞きしました。

 個人のブログで、「写真は~のサイトからお借りしました」などと記載されていることがありますが、借りるというのは言葉を交わして了承を得た後に用いる語彙。本当に、使用させて頂く許諾をとっているのかしら?パン屋さんの店頭に並べてあるパンを盗るのは考えられないけれど、写真なら平気という感覚は理解に苦しみます。

 いずれにしても関係者にあまり負担にならず、しかも友好を深める写真展になるように意見を交わしています!